HOME相建の取組みについて > よくある質問

相建の取組み

よくある質問

産業廃棄物に関する基礎的な知識を知りたいのですが?
「(財)日本産業廃棄物処理振興センター」では下記用語を解説しております。
廃棄物、産業廃棄物、特別管理産業廃棄物、感染性廃棄物、ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、石綿(アスベスト)、廃石綿等(飛賛成散性アスベスト)、非飛散性アスベスト、廃棄物処理法、排出事業者、特別管理産業廃棄物管理責任者、多量排出業者、 産業廃棄物処理業者、産業廃棄物処理施設、自己処理・委託処理、収集運搬、中間処理、最終処分、再生利用(リサイクル)、3R(スリーアール)、委託契約、産業廃棄物管理票(マニフェスト)制度、電子マニフェスト、環境基準、バーゼル条約など
産業廃棄物とは何ですか
産業廃棄物とは事業活動に伴って排出される廃棄物をいいます。
該当する廃棄物には、汚泥、廃プラスチック、燃え殻、廃酸、廃アルカリ、廃油の6種類と、その他ガラス、金属くず、ゴムくずなど13種類とを合わせた計19種類があります。
マニフェスト制度とはなんですか?
マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に、産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などをマニフェストに記入する仕組みです。
産業廃棄物と共にマニフェストが業者へわたっていき、排出事業者は処理の流れを確認することができます。産業廃棄物の処理が終了すると、排出事業者に各業者から処理終了を記載したマニフェストを返送することで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを確認できます。
これにより、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄も未然に防いでいます。
産業廃棄手続きに必要な申請書などはどうやって用意するのでしょうか?
「愛知の環境」ホームページにて関連書類がダウンロード可能です。
http://www.pref.aichi.jp/kankyo/sigen-ka/index.html

「産業廃棄物関係の届出様式」より必要な書類をダウンロードしてご用意ください。

標準料金表

INFORMATIONの詳細を見る

相建 本社
名古屋市東区東桜1丁目10-24
栄大野ビル7階
TEL:(052)973-0501
FAX:(052)973-0502
犬山事業所
愛知県犬山市楽田山ノ田4-40
TEL:(0568)69-5888
FAX:(0568)68-3381
リサイクル促進センター
愛知県犬山市字樋池2-15
豊田最終処分場
豊田市篠原町石田刈21番

ページトップへ戻る